top of page

沖永良部 ウミガメ 海水浴

更新日:2022年7月5日

沖永良部はウミガメの貴重な産卵場所でもあります。


5種類(アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ、ヒメウミガメ、オサガメ)のウミガメが日本に生息しています。

その内3種類(アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ)が日本の砂浜で産卵します。


産卵時期は5月上旬~7月下旬です。60日程度でふ化、その内大人のカメに成長できるのは1/5000と言われています。

ウミガメと泳ぐことができる沖永良部

貴重な自然が残っている沖永良部島。ウミガメを見かけた際はあたたかく見守りましょう。

運が良ければ海の中でウミガメに出会えるかもしれません。


ウミガメビューポイントもあります。

満潮時に海藻を食べにくるウミガメを陸上から観察できます。

もしウミガメが見つからなくても眺めのいい場所です。




ダイビングスポットの多数存在する沖永良部。ウミガメに出会える可能性大!!

ダイビングショップはこちら↓





TERUレンタカーでは水中メガネとシュノーケルの貸し出しを行っています。

シュノーケリングを手軽に楽しめます。


海水浴場はこちら↓

・屋子母(やこも)海岸



・ワンジョビーチ マップコード



・笠石(かさいし)公園 マップコード



・沖泊海浜公園




閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page